ハワイ島旅行記―3

f0155509_0193331.jpg

                 ささいなことに とらわれない
                 よけいなことに こだわらない
                 ココロを軽く もっと自由に

山の上から、夕日と星空を見るというツアーに参加しました。
火星にでも紛れ込んだかのような、乾燥したガタガタ道を車で登ってゆくと
標高4205メートルの、マウナケア山頂へ到着。
ハワイの最高峰。空気が薄く、とても寒かったです。
世界有数の天体観測地で、日本の大型天体望遠鏡「すばる」もここにあるのです。
澄んだ空気の中、夕日が雲海へと沈み、空は刻々と神秘的に色を変えてゆきました。


f0155509_18542045.jpg

                  何かに 誰かに 感謝したくなる
                  こんなにちいさな自分が
                  今 ここに生かされている 奇跡 
                  こんなに大きな宇宙のなかで
                  大切な人たちと 同じ時を生きて
                  めぐり逢えた 神秘

マウナケア山頂から、標高2800メートルの地点まで戻って、ゆっくりと星空観賞。
面長の月が明るく輝き、月の光に照らされてできる影の濃さにはびっくり。
新月の夜の、3分の1しか星が見えないとガイドさんは言っていましたが
それでも、たくさんの星を見ることができました。
空気が澄んでいるので、星はまたたかないのだそうです。
少しずつ位置を変えてゆく星座たちに、寒さも忘れて見入っていると
大きな流れ星がすーっと、あっという間に流れてゆきました。 
[PR]
by a-hinatabocco | 2007-10-25 00:30 |
<< ハワイ島旅行記―4 ハワイ島旅行記―2 >>